使いやすさと補助機能で介護保険ソフトを絞り込む

老人にオススメの場所

女性たち

介護をしてくれる有料老人ホームはかなりの人気があります。また大阪ではそれぞれところで内容が違っているので、持病を持っているなら注意が必要です。24時間対応で看護職員がいるところなら安心して利用できます。

もっと見る

記録から請求まで広く活用

PCを操作する人

優れた性能

介護保険ソフトは、名前の通り介護保険を取り扱う事業所のために作られたソフトです。現在はほとんどの企業が介護保険ソフトを利用しており、それに伴いソフトを開発する会社も増えております。介護保険ソフトの選び方で基準となる視点は、使いやすさです。記録の書式や請求の行いやすさは大切で、操作が単純なことや、書式を自分で作成することができるソフトもあります。また、あまり使われていないソフトよりも多くの事業所で扱われているソフトを選ぶこともポイントです。なぜなら、介護保険の加算に関してはとても複雑で、途中の計算が間違っている場合もありますが、たくさんの事業所で扱われていると、不具合に早く気付きいち早く修正してもらえるからです。

ソフトの魅力

介護保険ソフトの中には、様々な機能が隠れています。 例えば、介護保険の認定調査を行うための判定ソフトが入っているものがあります。認定調査を行った後で必要な項目をソフト入力し、判定することで、一次判定の結果を取得することができます。 自分にとって必要な内容の項目を、掲示板に見立てた画面に貼付け、すぐにリンクさせることができるような自分独自の使い方もできます。また、書式を自分でつくることができるソフトは、既存の様式の表の中に不要なものがあった場合にそれを外して活用することができるので便利です。私が知っている補助機能は上記のようなものですが、他にも様々な機能のついたソフトが存在するようですので、自分の事業所にあったソフトを探すことが重要です。

終の棲家探し

男女

老人ホームは、介護度により入居条件や入居制限があることもあります。サービスもさまざまで費用も大きく異なる場合もありますので、入居者とその家族がしっかりと相談して見極め、ゆったりと住み心地よく暮らしていける場所を決めることが大切です。

もっと見る

介護に必要なケアプラン

パソコン

介護施設ではケアプランに沿って介護サービスを提供されていくため、その管理は非常に重要です。そのため、介護システムによって管理されているところも多いです。そうすることで仕事の効率もアップして、突発的なトラブルにも対応しやすくなります。

もっと見る