終の棲家探し|使いやすさと補助機能で介護保険ソフトを絞り込む

使いやすさと補助機能で介護保険ソフトを絞り込む

終の棲家探し

男女

寂しくない暮らし

誰しも歳をとれば体や心が衰え、自分で自分のことが思うようにできなくなったりするときが来ます。日本は世界でもトップクラスの高齢化社会となっています。平均年齢も男女とも伸びを続け、医療の発展とともに長生きの国となりました。その反面少子化や核家族化が進み、お年寄りの中には「子供の世話になりたくない」という人も増えており、昔のように家でお年寄りの世話をする家庭は減っています。そういったお年寄りの受け入れ先になっているのが老人ホームです。老人ホームにも種類があり、その入居する人の介護の程度や費用・サービスなどさまざまなものがあります。自分の希望する老人ホームに入れない場合、空きがくるまで順番待ちをするということもあります。

種類と特徴を理解する

老人ホームには、介護付有料老人ホーム・住宅型・健康型などの特徴があります。介護レベルに合わせ、入居条件などが決められていることが多く、介護付きであれば少し重度の方が、また住宅型は中度、健康型は自立できる介護度という決まりがあります。多くの有料老人ホームでは、24時間体制での介護ケアを受けることができることや、デイサービスなどを受けることもできるなど、サービスを打ち出しています。費用も介護度により変わったり、サービスで変わるので、入居前に入居者とその家族が確認し快適に暮らせるかどうかしっかり見極めることも大切です。またサービス付き高齢者向け住宅は、日常生活に関する自由度が高い反面、介護度が高い人や認知症の程度により入居できない場合もあります。